知らなかった!!音ゲーの秘密に迫ります。

音ゲーとは何なのか。

音ゲーとは音楽ゲームの略称となり、ゲームジャンルの一つとなります。音楽に合わせて演奏するゲームの事を音ゲーと呼びます。音楽に合わせて演奏すると言っても様々なタイプのものがあり、ステップを踏んだりやパネルを押す及びボタンを押すなどの種類のものがあります。音ゲーには音楽に合わせて演奏をし、得点が加算されていくものが多いです。一部の音ゲーにはリズムが合っていないと強制的に曲を中断させられるタイプのものが存在しています。


音ゲーの歴史を解説する

音ゲーはいつ生まれたのでしょうか。1978年に発売された「サイモン」が音ゲーの始まりであると呼ばれています。このゲームは音素を使って記憶力を競う電子ゲームです。その後、音を用いた様々なゲームが発売されてきましたが、長らくヒット作は表れずにいました。1996年にソニーコンピュータエンタテインメントから発売された「パラッパラッパー」が音ゲー初のヒット作となります。パラッパラッパーは大ヒット作となり、全世界で148万本を売り上げました。


音ゲーの人気シリーズ

ソニーコンピュータエンタテインメントの「パラッパラッパー」がヒットして以降、コナミのBEMANIシリーズやダンスダンスレボリューションシリーズを始めとする様々なタイプの音ゲーが発売されました。その中でも2001年にナムコから発売された「太鼓の達人」は、可愛らしいキャラクターとシンプルな操作性がファミリー層に大好評。多くの続編が制作されている人気シリーズとなっており、安定した売り上げを誇るシリーズに成長しています。



AKBの公式音ゲーは基本無料で色々な楽曲を楽しむことが出来るので、空いた時間などに暇を潰すのに最適です。