キラキラネーム?それとも地味系?名付けのときのポイント

話題になっているキラキラネームの流行

妊娠が分かったら、赤ちゃんを迎えるために色々な準備が必要になります。様々なベビーグッズの準備ももちろんですが、一番重要かつ気になるのが名づけではないでしょうか。最近ではキラキラネームと呼ばれる、ちょっと変わった名前や当て字のような名前をつけることが話題になっています。親世代ではなかったような名前がどんどん飛び出し、小児科や幼稚園、学校などで聞かれる名前もずいぶん様変わりしました。わが子にはオンリーワンの名前をつけたい、という気持ちは理解できますが、度が過ぎるキラキラネームは敬遠されがちでもあります。一生使うものですから、色々な角度で判断したいものですね。


目新しくないけれどきらりと光る名前が注目されている

そんなキラキラネームのブームの中で、カタカナや当て字になるような名前ではなく、日本人的な品を感じさせる古風な名前をつけるのも小さなブームとなっているようです。キラキラネームはどちらかというと西洋的な名前が多いですが、和風の響きを持った名前も多くの支持を集めています。女の子であれば、小春や雪、凛など日本女性らしい趣のある名前も人気です。和風の名前はおしとやかなやまとなでしこのイメージがあるので、現代にもその印象を受け継がせようという流れが感じられますね。


将来を見越した、落ち着いた名前は好印象

赤ちゃんに名前をつけるときはどうしても赤ちゃんの顔を思い浮かべながら命名しがちですが、当たり前のことながらその赤ちゃんは成長しいずれは大人になります。キラキラネームは大人になった後をイメージできないものも多いので、敢えて将来を見越して落ち着いた名前をつけることも近頃の傾向になっているのではないでしょうか。名前は一生使っていくものです。親として子どもに出来る最初のプレゼントですから、素敵なものをつけたいという気持ちはみんな同じはず。わが子に名前をつけるとき、ちょっとした参考にしてみてはいかがでしょうか。



姓名判断にこだわることにより、子供の将来を真剣に捉えることができ、多くの家庭からの注目が集まっています。