フランス旅行で古城めぐりをする楽しみと注意点

古城めぐりは移動時間が長い

フランス旅行で面白いのは、古城めぐりです。例えば、ロワール地方の古城をバスでめぐると言うツアーがあります。インターネットが普及した今の世の中、お城の画像は数秒の検索作業で簡単に見ることができますが、生で見るのはやはり違います。お城をバックに一緒に写真に収まることもできますし、お城の内部を見て回ることもできますから、かなり充実した時間を過ごすことができます。ただし、お城からお城へは結構距離があって、バスで長時間移動することになりますから、バスが苦手な人は気を付けておいた方が良いでしょう。


お城に着いてからの立ち回り方

古城めぐりでは、バスで何人もの人たちと行動を共にするものですが、お城に着いたらまずは団体行動で見て回り、その後に自由行動の時間が設けられるものです。そして、この時に気を付けておきたいのが、その時間の使い方です。自由行動の時間は長くないことがあります。ですから、あまり長く城内を見ていると、お土産を買う時間がなくなってしまいます。お城によってはお土産売り場がかなり充実していますから、ゆっくり選ぶためにも、メリハリのある行動を心がけておきたいところです。


長時間の移動に対する準備や心がけ

古城めぐりはバスでの長時間になることから、バスが苦手な人は酔い止めの薬を飲んでおくと言うことも大切です。また、いざと言う時のためにビニール袋などを用意しておくことも大切でしょう。その他、一度走り始めたらしばらく止まることがないもので、トイレのついていないバスだとトイレに行きたくなった時に困りますから、心配であれば事前にきちんとトイレに行っておくことが大切です。楽しくお城を回るためにも、体調管理などはしっかりとしておくことが重要です。



14世紀から15世紀にかけて行なわれていた百年戦争の際には、モンサンミッシェルは要塞として使用されていました。